1.カフェインの効果

コーヒーにはカフェインが多く含まれ、レギュラーコーヒー100ml中に約60mg含まれ、
これは、同じ100mlでは、紅茶の2倍、煎茶の3倍、ウーロン茶の3倍ものカフェインが
含まれることになります。

よく知られているカフェインの効果は覚せい作用です。カフェインの覚醒作用により、
頭をすっきりさせて集中力を高める効果があります。

また、利尿効果があり、体内の老廃物の排出を促進させる効果があります。

他にも、中枢神経を刺激して、自律神経の働きを高めたり、
運動能力を向上させたり、心臓の筋肉の収縮力を強化させたりするなど、
コーヒーに含まれるカフェインは、多彩な効果をもっています。



 


2.ポリフェノールの効果

コーヒーには、ポリフェノールがたくさん含まれています。
ポリフェノールの代表的な効果は抗酸化作用です。抗酸化作用とは、体内で過剰に生成された活性酸素を除去したり、活性酸素の発生そのものを抑制したりする働きをいいます。活性酸素による細胞の老化を防ぐことによって、ガンや生活習慣病の予防、アンチエイジングに役立つとされています。






 


3.リラックス効果

コーヒーをドリップした時のの良い香りをかぐとリラックスし気分転換となります。
ストレスを解消することは、健康のためにも大切なことです。

 
上部へ戻る